パートvs派遣 どっちが得? 長く働くならパートをお勧め




パートと派遣どっちが得!?

パートより派遣の方が時給が高そうだから、今どきは派遣の方が得なのよ。

イヤ派遣って安定しないから、直接雇用のパートの方がいいらしいわよ。

パートより派遣がいいかも?とお悩み中のあなたに、パートと派遣の違いや、何を基準にしてパートか派遣かを決めた方がイイのかをお伝えします。

パートvs派遣 どっちが得?

昔は非正規というとパートという形態が普通だったので、主婦やフリーターが働くにはパート(又はアルバイトとも)で働くのが普通でしたよね。

でも、現在は派遣という働き方もあるので、非正規で働く場合はパートよりも派遣がいいのか悩みますよね。

「時給」のみで考えるのなら、断然、派遣ですけど、でも本当にそうなのか? そうではないのか?? 比較してみました。

派遣とパートの違い一覧表

   項目別        派   遣       パ ー ト
給与の高さ
時給 高い 低い
時給UPの可能性 わずかにある わずかにある
交通費の支給 基本なし 基本なし
雇用
雇用主 派遣会社 企業と直接雇用
雇用保障 3ヶ月更新 期間の定めが無い
時間契約 ×(大半はフル勤務)
年休
各種保険
扶養範囲 ×
採用ハードルの低さ
仕事へのブランク ×
面接の通り易さ
通勤時間 片道1時間以上 数十分
辞め易さ ×

では一つづつ見てみましょう。

給与の高さ

当然、皆さんご存知の様に、時給は当然派遣>パートです。都内なら事務系派遣で時給1500円ほど。一方、近所の事務系パートは時給800円程度でしょうか。

時給UPの可能性は派遣もパートも両者に充分可能性はあります。例えばUP率は50円とか100円ですけどね。

でも仮に100円UPした場合、100円×8時間×20日=16、000円/月の収入の増加なので、貴重ですよねっ。

みなさんがコレから働く会社が、時給UPが可能な会社でしょうか。

派遣の場合は、長く働く事で、派遣会社を通して交渉可能なのですが(経験あり)、パートの場合は、雇用先のルールに基づくので、働くまでに事前に確認しておきましょう。

交通費の支給については、派遣、パート共に支給されない事が大半ですので、毎月の定期券代も、収支に入れて計算しておかないといけません。

私なんて毎月1万5千円を定期に使っていたので、1年で18万円になります。コレはかな~り痛いです~。

時給(+UPの可能性)+交通費のマイナス+通勤を含めた労働時間に対する給与を計算してみましょう。そーして、派遣とパートどちらが金銭的にいいのか比べてみてくださいね。

一般的に、派遣はオフィス街に多く、パートは近所で探す、という事になると思いますが、具体的に拘束時間合計OO時間で給与はいくらと算出してみましょう。

当然、派遣とパートでは派遣の方が給与が高いでしょうね(笑)

 

雇用

実は、金銭より重要なのは雇用形態です。派遣の雇用主は、派遣会社で雇用され3ヶ月更新です。パートは企業に直接雇用され、多くの場合、正社員と同じような雇用保障の状態にあります。

派遣の場合、パートのような毎日数時間勤務という時間契約はありますが、多くは有りません。大半の場合はフル勤務になります。

年休は派遣、パートとも法律に従い発生します。各種保険は派遣は入るのですがパートによってはないところもあるので事前に確認しましょう。

扶養に入る場合は、パートで扶養範囲の上限を超えない様にします。

 

採用のハードルの低さ

派遣の場合、その職種への経験が問われる事が多く、仕事へのブランクがあると、仕事の紹介には厳しいでしょう。

しかしパートの場合は、1部を除いて、ブランクは問題視されない事が多いでしょう。

面接の通り易さは、派遣は、自分から応募又は派遣会社から依頼が来る2つのパターンがあり、派遣会社の書類選考→派遣先での顔合わせの競合という2つの関門を通る必要があります。

パートの場合は書類選考や面接が、派遣社員より、通りやすい傾向がありますよね。面接の通り易さは、派遣、パートの区分だけでは図れず、本当にケースバイケースなので一概には言えませんがね。

 

通勤時間

通勤時間は大事ですよね。派遣は正社員の仕事が都合よく地元に無いように、当然、オフィス街にしかありません。オフィス街近くに住んでいる方は別として。。

となると通勤は片道1時間以上は掛かりますし、往復2時間と交通費なしで計算する必要があります。交通費を引いて、毎月手取りがいくら残るか計算しなければなりません。

辞め易さ

正社員で働かず、非正規で働くなら、当然、辞め易さも重要なポイントですよね。

派遣は辞め易いというイメージがありますが、派遣会社からの派遣という事で、企業に忠誠心が無い為に、辞める事に対する精神的な軋轢が正社員の様にないという事です。

法律上は2週間前ですが、派遣会社から、毎回、契約延長について話があるはずなので、その際、契約延長しない場合はその旨伝えればいいでしょう。

そういった意味では1ヶ月前には辞める意思決定が必要ですね。

しかーしパートの場合は、もっと簡単で、その日に伝えてもう来ないとか割とザラです。(会社によりますので、ご自身で周囲の雰囲気を確認してみてくださいね)そういった意味では、パートの方がかなり辞め易いと言えるでしょう。

働くのに最も重要なのは雇用保証

私が正社員、派遣社員、パート、日雇い全ての労働形態を経験し、感じたのは働くにあたり、最も重要視すべきなのは、雇用保障なんです。

派遣の方が短期的に見れば給与も高いです。でもパートは給与は安いけど、雇用保障があり、採用のハードルが低く、家から近く通勤にかかる時間やお金の負担が少なく、辞め易いんです。

給与は高くても、雇用保障がないと、切られると、新しい派遣先を探さないといけないし、又そこでも雇用保障されるかわからないじゃないですか? そーして又新しい人間関係と新しい仕事。負担が大きすぎますよね!?

短期で働くなら派遣 長期ならパート

非正規で働く場合、派遣が優位なのは、短期的、例えば3ヶ月~6ヶ月の期間限定募集の派遣での働き方だと思います。短期募集の派遣は、採用も通過しやすいです。

でも6ヶ月以上働くつもりなら、パートで直雇用で働く方が、雇用保証があり安定していて、ずーっと長く働けます。そのため、金銭的不安がなく、将来の金銭的見通しも立てやすいんです。









MIIDAS
転職市場価値をミイダス!

派遣で働いた女性が、正社員へ転職する場合の転職市場価値ってどれ位!?
自分の転職市場価値って低いって思い込んでない? 診断であなたの経歴からあなたが正社員転職した場合の給料を計算。

転職活動はミイダス-あなたの市場価値を見いだす就職アプリ

転職活動はミイダス-あなたの市場価値を見いだす就職アプリ

MIIDAS CO., LTD.無料posted withアプリーチ

MIIDAS
リクルートエージェントで正社員へ転職

派遣の金銭不安はもうイヤ! 正社員へ転職して一生涯の金銭的補償で一生涯の安心。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です