派遣社員は賃貸が借りにくい 引っ越しは正社員のうちに




派遣社員は賃貸が借りにくい

私が一人暮らし&正社員の末、一人暮らしのまま派遣社員やパート生活を送る事になった時、強く感じた事ー。

 

それは、正社員から派遣になった時点でもっと安い賃貸に引っ越せば良かった! って事なんです。

 

派遣で働く人って、皆そうだと思うんですけど、生活が正社員も派遣社員も余り変わらないだろう~という予測で働き始めるんですよねっ。

 

・・・で派遣生活の生活の厳しさを派遣で働き始めてから痛感する事になる訳で~~。

 

ではココで、正社員と派遣社員での私が考える適正家賃について考えて見ました~。

 

正社員の給料

私の正社員の時代の収入は下記の通りでした。
正社員収入 264万(22万/月)+80万円(ボーナス2回)=344万円
コレを税金等を抜いた手取りで計算すると
18万/月×12ヶ月=216万+60万=276万円 が手取りだと考えます。
276万×1/3=92万円が家賃で使える金額になります。
92万÷12ヶ月=7.7万が家賃で出せる金額です。敷金や更新料を入れると毎月7万円以内という事になりますね。

派遣の給料

私の派遣社員の時代の収入は下記の通りでした。
派遣収入  288万円ー18万円(交通費自前 1.5万/月×12ヶ月)=270万円
*1500円/時給×8時間×20日
コレで税金等を抜いた手取りを計算すると、
20万×12ヶ月ー18万(交通費)=222万
222万×1/3=74万
74万÷12ヶ月=6.2万円

 

しかーーし!! 現実の派遣社員の生活はこんなにスムーズには行きませんよねっ。現実は、雇用保障なしの3ヶ月更新。3ヵ月後の仕事の保障なんて有りませんよね。

 

この点が、正社員をやっていた頃や派遣を始めるまでには予測が着かなかった所ですよねっ。仮に仕事を失ったら今迄の貯金から生活費を出さないといけないんです。

 

私の感覚では、派遣の仕事を失っても3か月は生活できる様に貯金する必要がありました。

 

222万円ー60万(3ヶ月仕事が無い)=168万円
168万×1/3=56万
56÷12ヶ月=4.7万

 

 

この4万円台の家賃が、時給1500円の派遣社員に相応しい、家賃になると思います。 家賃は少しでも抑えるのが鉄則ですので家賃4万円では高いくらいで、家賃3万円台が、収入から見た場合、相応しい家賃なんですよね。

 

引越しを躊躇した理由

でも私は、一人暮らし&非正規の時に、金銭的に負担を感じながらもついつい現実逃避し、現状のアパートに住み続けていました~。それは何故なのか整理してみました。

 

  • 引越し自体が非常にエネルギーを使う(私にとって引越しとは、人生で相当大変な部類に入る)
  • キット数年後には結婚してるだろうから引っ越す必要はない。敢えて引っ越すと独身を覚悟しているみたいな気がするので、家賃の出費は我慢する。

 

というモノだったんでーーす。。でもねアラフォーの現在結婚できていませんしね・・・

 

正社員の時は、定年迄の雇用保障があるので、賃貸アパートでいいと思いますよ。

 

派遣社員になると引越しの選択の幅が狭まる

もし正社員→派遣になるのなら、引越しを正社員のうちにしてしまうのがベストだったと思うんです。

 

派遣になってからの引越しがキツイ理由

 

  1. 不動産屋さんで、派遣社員だと見せてくれる物件は明らかに狭まります。(大家さんの立場からすれば住む人が正社員じゃないと家賃が滞ってトラブルの元でしょうしね)
  2. 派遣なら別途保証人が必要だが(正社員でも必要ですけど)、私の場合は両親が既に年金暮らしで保証人にはなりえかった。姉の旦那が公務員なので、彼に保証人を頼むしかない。(しかし非正規で、家賃を払えない立場なのに他人に保障して貰うのはおかしいですよね)

 

1、不動産屋さんで、派遣社員だと見せてくれる物件が狭まるというのは、実際非正規で物件見せて貰いに行くとリアルに感じるはずですが、

 

派遣だと入居審査に通るか?という以前に、最初の部屋の内観の時点で最初から足切りされちゃうんですよね。

 

現在、正社員の職が無い私にとって、お金ってとても大事なモノになってきます。だから、一人暮らしの時の、特に非正規時代の家賃というのは、今思うととてもい痛い出費だったナーーって感じるんですよね。

 

その分貯金しておきたかったと。そーしたら今もっとお金があったのになって。

 

派遣なら家賃は3万円台!か可能な物件とは

私が派遣切りにあって、公的な家賃補助制度で市役所に相談に行った時、初めて、私は公団とかUR賃貸に住むべきではないかと考えるようになりました。

 

でも、、生活が苦しくなったてから家賃に悩み出し引っ越すでは、それ迄のお金がかなり勿体無いんですよね。

 

知り合いの方が、私のアパートと同じ市内でUR賃貸2DKで家賃は月3万5千円だそうです。

 

で、礼金、仲介手数料、更新料、保証人がいらないし、公営住宅見たく、年に数回クジビキで住居者を決めるのではなく、早いもの順だそうです。

 

 

もし、非正規の間、一人暮らしの住まいを民間のアパートではなくてUR賃貸にしていたら、月の差額2万円なので年間で24万円の家賃の削減だし、5年間で120万円ですよ!

 

今コレだけの、貯金あったらな~~なーーーんて考えてしまうんですよ。勿論、後になって気が付く事ですよね。

 

ですからこれから一人暮らしのまま正社員から派遣社員になろうとか考えている方や、非正規で一人暮らししようと考えている方は、家賃について考えた方がイイですよ。

 

非正規は薄給で雇用保障がアリマセンから、派遣切りにあっても生活を維持しないといけません。その時家賃の負担はデカイです。ですから事前に家賃を抑えるべきなんです。

 

そうすれば、派遣切り=生活苦とはすぐに結びつかないし気持ち的に落ち着いていられるはずです。

 

 

40代(現在41歳) 独身非正規おんな ふろむです。

2017.05.15








クラウドワークスで副収入

派遣等の非正規で働く女性は収入が低く安定しません。現状の生活で精一杯で将来のお金の心配も・・・
今からアフター5や休日に毎月一定収入の副収入を得て収入にゆとり♪

独身非正規おんなの強い味方
クラウドワークス無料登録

スマホアプリをインストールすれば、通勤電車の中からスマホでお仕事の受注ややり取りが可能。スマホアプリを無料インストール。

CrowdWorks for Worker 仕事探しアプリ

CrowdWorks for Worker 仕事探しアプリ

クラウドワークスposted withアプリーチ

クラウドワークスのお仕事は自宅のパソコン仕事が大半。クラウドワークスの公式HPから無料登録へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です