祝 タスクのライティング案件 20回納品 次にやる事とは?




タスクのライティングとは?

クラウドワークスのタスクのライティングとは、

 

文字数は数百文字~5,000文字程度、単価は、数百円~数千円程度、文字単価は0.1~2.0円程度です。

 

案件によって金額が大きく頃なるので、単価をチェックしてからお仕事を探して下さいね~。

 

タスクのライティングは、殆どが、記事を書くときに本や情報を調べる事なく、現在迄の自分の経験等から、その場でパーーッと書けるタイプの物が多いです。

 

長い記事の場合は、記事が書きやすい様に文章構成が決まっているパターンが多いです。

 

そして、タスクを何回かおこなっていると、タスクのライティングを何件も行っていると、ある一通のメッセージが届きます~。

 

タスクのライティングを20回納品すると?


タスクのライティングを20回納品すると、こんなメッセージが届きます~。

 

何か少し嬉しいですね。クラウドワークスって、自分の部屋で一人でやる孤独な作業~~という面も~。だから心が折れやすいという事も~。

 

でも、そんな時、この様なメッセージが届くと嬉しいですよね。

 

タスク案件は、クラウドワークス初心者さんが、クラウドワークスの流れを理解する為の導入として行う面が大きく、

 

タスクで経験値を身に付け、自分のプロフィールの実績に数値を付けるという面が大きいんです。

実績が付けば、

次の事前に契約が必要なプロジェクト案件の為の実績になりますよね。

 

いつタスク案件からプロジェクト案件に移ればいいの?

どの位でタスク案件からプロジェクト案件に移ればいいの?というと~、一気に今日からプロジェクト案件という風には行かないと思います。

 

プロジェクト案件だって、良いお仕事を探すにはやはり何度か応募したり経験したりして、コレが自分にとっておすすめっていうのを探す必要があるからです。

 

なので、タスク案件のライティング20回納品のメッセージが来たら、少しずつ、プロジェクト案件へ応募して行きましょう。

 

タスクのライティングを20回納品する迄に身に付く事

では、このタスクのライティング20回納品おめでとうメッセージが届いたら、自分にはどの位のクラウドワークスでのスキルが付いているのでしょうか~?

 

正直、とても何かが身についているとは思わない~というのが正直な感想かもしれませんね。

 

でもね、私からすると、タスクのライティングを20回納品した頃には以下の事が身についていると思います~。

 

  • クラウドワークスのシステムを理解している
  • クラウドワークスで毎月5,000円稼げる経験&実績&自信が身についている
  • プロジェクト案件に応募する際のプロフィールの評価がつき信頼になる

 

クラウドワークスで収入を得る事に一時的に休んでても、凄く時間が空いた時期や何らかの時に

 

「あっ、以前クラウドワークスで少し収入得られたよな」とだから、今からやってもキット出来るだろうと自信になっている。

 

何か副業でもやろうかな~と思っても、それを行うにはどうしても腰が重くないですか? でも既にクラウドワークスのシステムを理解しているあなたはその壁を越えているので~す。

 

クラウドワークスのメインはやはりプロジェクト案件。その為に、実績が付いたので発注者に信頼されやすく、応募の土俵に乗れて、良い案件に巡り合える可能性が高まる。

 

次のステージにやる事

タスク案件のライティングを20回納品すると~、次はプロジェクト案件のライティングと書いてありますよね。

 

でもね、私が思うに、プロジェクト案件の記事作成って、簡単じゃないんですよね。タスク案件より文字単価は高くなるけど、

 

事前のマニュアル読みや、記事を書くときに調べる事を考えると、それなりに労力が掛かるのもなんです~。

 

そこで、皆さんには、この時期には、プロジェクト案件でも記事作成ではなく、もっと簡単にできるお仕事をお勧めしちゃいます。

 

  • 覆面調査系
  • ツイッターの管理
  • 記事投稿

 

こういった~、記事ライティングで無い案件も沢山あるので、私も色々探し中なんですが皆さんもご自身で探ってみて下さいね。

 

クラウドワークスで分からない事は~

 

早速、クラウドワークスを試してみたい方は~







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です