クラウドワークスのタスク案件の時間制限は1時間以内 時間切れの場合は?




クラウドワークスのタスク案件の制限時間は1時間以内

 

クラウドワークスのタスク案件の制限時間は全て1時間以内

 

まぁ大半のタスク案件は余裕で1時間以内で終わる物でしょう。

 

しかし記事案件を見ると、同じ1時間以内という時間制限でも、文字数はピンキリなんですよね。

 

例えば、数百字の案件もあれば、2000字や3000字の案件だってあるんです。

 

2000字なら1時間で書けると思うけど3000文字あったらギリギリ厳しいかもしれませんね。

 

タスク案件の作業目安時間とは?

 

では、その案件は実際、

どの位の時間が掛かるものなのかの作業時間の目安が書かれています

 

しかーし、この作業目安時間を見て実際に案件にトライしてみると、とてもその作業時間で終わる物ではないって案件の多いんです。

 

この量は10分とか20分で終わる物!?って思う事も

 

これは良そうなんですが、クライアントさんが適当に入れてるか、過去のに上書きしてるとか

 

短く入れて受注者を増やそうという事なのかもしれませんよね。

 

どちらにしろ、この作業目安時間は余り目安にはならない気がするので

 

字数を確認して自分のペースならどれ位掛かるのか予想してみて下さいね。

 

タスク案件時間中に休む事は可能?

タスク案件に1時間の時間制限があるのなら、勿論1時間以内で終わるお仕事を受注したとしても、仮に何らかの用事で作業を止めないと行けない場合はどうするの?

 

と疑問に思うのではないでしょうか? 実際私は疑問に思いました。

 

緊急の場合、例えば、電話が入ってきてつい長電話しちゃったわ~、来客が来ちゃったのよ~、子供に話しかけられて集中出来ないわ~みたいなね。

 

そんな時、受注したタスク案件を一時的に休止出来て、その休止中は1時間の時間制限は減らないという様な機能は? 

 

結論からいうとその様な機能はございません。

 

仮にタスク案件を途中で閉じたとします。

そうすると、「相談から契約まで」の一覧にタスク案件が作業中で入っています。

 

仕事を再開するをクリック

 

作業制限時間の残りは、減っているのが確認できます。

タスク案件が1時間の時間制限以内に終わらない場合どうすればいい?

タスク案件が1時間の制限時間以内に終わらない場合は、以下の2つが考えられるでしょう。

 

1つは、急に外部からの用事が入った。2つ目は、文字数が多く時間内に終わらなかった。

 

そこで、方法としては、

 

クラウドワークスのタスクの画面上で記事を書くのではなくって、別途ワード等で記事を作成して置いて、コピーするのが良いでしょう。

 

クラウドワークスで分からない事は~

 

早速、クラウドワークスを試してみたい方は~







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です