クラウドワークスの即金性は? 現金化するならクラウドワークスor日雇いどっちが確実?




クラウドワークスで即金で現金化するには?

今すぐにお金が欲しい、現金が欲しい! そんな事はあるでしょうか?

 

非正規であれば特に自身が日雇いなどに転落していれば?

 

すぐにお金が欲しい、現金が欲しい!という事もあるかもしれませんね。。

 

ただ現実問題としてはそこまで追い込まれる前に手を打つとか思いますよね、、?

 

では、ココでは、クラウドワークスでは即金でお金を手に入れる事が出来るのか調査してみました。

 

私は即金性というと2つの面があると考えます。

1、直ぐにお金が得られる仕事がある

2、直ぐに得たお金を振り込んで貰える

 

働きたくても直ぐに仕事が無ければ困りますし、働いて得たお金も、支払いは来月だよ、と言われれば即金性があるとは言えないでしょう~。

 

クラウドワークスのクイック出金

まず最初は2、直ぐに得たお金を振り込んで貰えるという点について、確認してみましょう。

 

クラウドワークスにはクイック出金という出金方法があります。

 

3営業日以内
クイック出金に伴うて手数料は3.5%

 

ちなみに通常の振込は、月2回設けられています。

 

クラウドワークスで即金でお金が得られる仕事とは?

次に、1、直ぐにお金が得られる仕事があるのでしょうか?

 

クラウドワークスで即日で仕事をゲットしてお金が欲しい! コレは可能なのでしょうか?

 

結論から言うと、即日的な即金性=今日お金が欲しいという様な仕事はあるけど、確実性はないと言えるでしょう。

 

というのも、例えばプロジェクト案件ですと、仕事の流れで、

 

応募→契約→納品→検収→支払いという流れを辿るので、仕事をする前と後で、クライアントとのやり取りがあるので、即日的な即金性のある仕事はないでしょう。

 

即日的な即金性のある仕事となると、タスク案件がおススメです。

 

応募や契約という手順を踏まないので直ぐに仕事をゲット出来ます。

 

でもでも、即日で仕事にありつけても、クライアントが即日~2週間以内に検収をするので、即金的な保証は無いんです。

 

その為、クラウドワークスには、今日お金が欲しいというような即日的な即金性の仕事はタスク案件にはあるけど、

 

即日で承認される保証はないという事になるでしょうか~。

 

日雇いで即金で現金化するには

その為に、即日でOO円欲しいといった場合は、クラウドワークスと日雇いを比べたら日雇いでしょうね。

 

私が5日働いた日雇いの会社では、今や給料の日払いサービスが可能とか。

 

私達が日雇いで昼間働いているうちに、振込の手続きをしてくれて、夕方には入金が確認できるというすばらしいサービス。

 

ちなみに、私が数年前に日雇いに手を染めた時はその様なサービスは無かった気がしますね(あったかもしれませんが、、)

 

月2回の振込日があって、そもそもなんで給料の振込日が月2回もあるのか不思議に思ったくらいでーす。

 

まとめ

1、直ぐにお金が得られる仕事がある
2、直ぐに得たお金を振り込んで貰える

 

という2点で考えた場合、1、直ぐにお金が得られ仕事があるのは、クラウドワークスも日雇いも仕事は常時あるでしょう。

 

でも2、直ぐに得たお金を振り込んで貰えるという点では、

 

クラウドワークスの仕事はクライアントの承認のタイミングに左右される点とクイック出金は3営業日以内になります。

 

その為、日雇いの方が、即日で振り込んで貰えるという即金性が高いです。

 

でも、そんな緊急でお金が必要というような生活はしていないですよね?

 

クラウドワークスで分からない事は~

 

早速、クラウドワークスを試してみたい方は~







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です