クラウドワークスの応募方法 契約金額の入力と応募メッセージの書き方




クラウドワークスの応募方法

クラウドワークスで、クライアントの仕事の詳細を確認し、仕事の内容、報酬、応募条件等に納得し、イザこのお仕事に応募しようと決めたら、早速、そのお仕事に応募してみましょう。

 

しかーし、ただ闇雲に応募すれば良いというものではありません~。

 

勿論、ただ闇雲に応募しても、採用になる可能性はありますが、クラウドワークスのお仕事の受注には当然競合があり、複数の応募者の中から、この受注者にお仕事を発注したいと思って貰い選ばれる必要があるのでーす。

 

では、どうすれば、クライアントにお仕事の受注者として選ばれるのでしょうか~?

 

クライアントは2点で受注者を決定しています。

  • 応募メッセージ
  • プロフィール

 

一番最初に、お仕事に応募した受注者の応募メッセージを確認し、興味を持ったらプロフールも確認するでしょう。

 

その為、自身の公開プロフィールは当然しっかりとしたプロフィールを書いておくことは勿論の事。

 

各クライアントに出す応募文で全てが決まりますので、競合と比較して選ばれる応募メッセージを書きましょう。

 

契約金額の入力

では、早速、クラウドワークスのお仕事に応募してみましょう。

オレンジ色の「応募画面へ」をクリックします。

 

お仕事の契約金額を入力します。

ここの金額はクライアントの仕事の詳細に、例えば初回トライアル(テスト)は〇〇円、もしくは、契約〇〇円と提示されているので、その金額を入力します。

契約金額は応募した後、クライアントの方でも修正可能なので、双方で金額の確認をするので、余り神経質になる事はないでしょう。

 

応募メッセージの書き方

契約金額を入力したら、その次にメッセージを入力します。ココで競合と比較して採用されるかが決定するので伝えるべき事を確実に伝えましょう。

 

応募メッセージのテンプレート
そうはいってもどんな応募メッセージを書けばいいのか分かりませんよね。一応クラウドワークスでテンプレートがありますが、私自身はこのテンプレートは使用していません。

 

応募メッセージに一番入れないといけないのが、クライアントが求めている人材を応募する自分が満たしているかどうかを的確に伝える事ですよね。

そこでクライアントがお仕事の詳細に応募条件を載せている事が多いのでコレに返答する形で応募メッセージを作成します。

 

クライアントが求める応募者の条件
仕事の詳細の中で、応募者の条件があるのでこれをコピーします。

 

応募条件への回答
クライアントのお仕事へ応募条件に対してQ&A形式で自分がその応募条件を満たしている事を、伝えます。

クライアントがイメージし易いように具体事例を持って回答し、又記事案件であれば自身の実績記事等のURLを添付すると良いでしょう。

/col2]

 

応募時のメッセージのテンプレートを作成

何件も何件も応募していくと、実は応募メッセージを作成するのも、結構手間なんですよね。。

 

ハッキリ言って、応募のメッセージって大体同じ様な内容じゃないですか?

 

そこで私は記事案件に応募する事が多いので、記事案件だと大抵、過去の記事を要求されます。その為、応募メッセージのテンプレートを作成しておきます。

 

この様な応募のテンプレートを作って置いて、クラウアントに応じてアレンジして送ります。

 

最後に「応募する」をクリックしてお仕事の応募は終わります。

 

クラウドワークスで分からない事は~

 

早速、クラウドワークスを試してみたい方は~







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です