クラウドワークスのシステム手数料は20%  手数料を安くする方法とは?




クラウドワークスのシステム手数料は20%

クラウドワークスでお仕事が終わったら、早速、報酬~~♪

 

でもちょっと待って。報酬は、クライアントとの契約金額がそのまま振り込まれる訳ではないのー。

 

実は、契約金額からシステム手数料20%を引いた金額が報酬として振り込まれます。実際の実例を見てみましょう。

 

(例)クライアントとの契約金額540円の案件の場合

540円ー(540円×20%)=432円が振り込まれます。

その下の、タスク案件、5円の仕事でもしっかり20%の1円取られます(グスン~)。

 

仮に1000円なら800円 5000円なら1000円、

 

じゃぁ、今後、クラウドワークスでどんどん収益を上げるようになったら、手数料もその分どんどん払わないといけないの? なんて思う事も。。

 

クラウドワークスのシステム手数料を安くする方法

1、同一契約

システム利用料は、同一契約で10万円以上だと10%、20万円以上だと5%になるというシステム利用料減額のサービスもあるんです。


クラウドワークスで長期的に働くと、同じクライアントから同一契約で働く事が多いと思います。

 

その様な場合は、上記の様なシステム利用料割引のサービスもあるんですね。

 

まぁでも、、同一契約で10万円ってなかなかレベル高いですよね、、、

 

2、システム手数料0円の仕事を選ぶ

又、システム手数料を安くするという事に重きを置く場合は、システム手数料が0円の仕事も一部あるんですよ。

 

ビジアシストオンラインというサービスがあり、

 

発注者側のクラウドワーカー募集の代わりにクラウドワークスがワーカーの募集を行う制度です。


 

メッセージにはこのビズアシスタントからのスカウトが来ていないでしょうか? 相談マークで。

 

勿論これはスカウトの一種ですが、個別宛の相談というより、意味合いとしては見てみてリクエストに近いですよね。該当者に一斉に送っているものです。

 

メッセージを開いてみましょう。

 

手数料ビズアシ負担と有りますよね。

 

データ入力系のお仕事が多いと思いますが、こういったお仕事を探すのも良いですよね。

 

クラウドワークスで分からない事は~

 

早速、クラウドワークスを試してみたい方は~







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です