クラウドワークスのスカウト「相談」「見てみてリクエスト」対応の仕方




クラウドワークスのスカウトが来た

クラウドワークスの仕事のスカウト。

 

クラウドワークスでお仕事を始めて少し経つと、自分で案件を検索して仕事に応募しなくっても、

 

発注者側からスカウトメッセージが来るようになります。

 

初めてのスカウトメッセージは少しうれしかったりもしますよね。

 

あ~、私も、クラウドワークスでのお仕事の実績が認められて、信頼されるようになってきなのね~ってう~~。

 

相談or見てみてリクエストどっちが重要?

そこで皆さん疑問に思うのが、このスカウトメッセージは、どれだけ重要なモノなのか? 

 

それは、発注者にとってどれだけ重きを置いたモノなのか~? という点が気になるところですよね。

 

発注者にとってのスカウトメールの重要さを図るには、このスカウトメッセージは個別に来ているのか?

 

それとも一斉に来ているのか? という点です。

 

相談と見てみてリクエストの表示の違い

実は、スカウトには2種類あって、「相談」と「見てみてリクエスト」があります。

画面右上のメッセージに、

 

「相談」と書かれているのが個別の仕事の依頼、

 

「見てみて! リクエスト」と書かれているのが、一斉の仕事の依頼、となります。

 

その為、発注者にとっても受注者にとっても大事なスカウトメールは、この「相談」スカウトメッセージです。

 

「見てみて! リクエスト」の場合は、隣のベルマークにもお知らせが届きます。

 

ココで少しややこしく思うのが、受注者にとっては、「相談」の方が明らかに重要なのに、ベルマークには連絡は入らないって事。

 

そして見てみてリクエストは重要ではないのに連絡が入るんです。

 

これはベルマークが全般的なお知らせ機能な為に、広告的な意味合いで入ってくるのでしょうね。

 

まとめると、「相談」の方が重要ですが広告的なお知らせが入るベルマークには連絡が入らないって事なんです。

 

発注者側はどんな画面から便利なスカウト機能で仕事依頼しているのか?

ではここでは発注者側が、どの様な画面から仕事依頼をしているのか確認して、発注者の意図をチェックしておきましょう。

 

 

この画面から、「この人に仕事を依頼する」か「見てみて」機能を使って、無料(もしくは有料で)で依頼を掛けているんですね。

 

ただ、自分にとってやってみたいお仕事が、個別の相談か、一斉の見てみてリクエストにあるかは分かりません~。

 

 

スカウトの「相談」「見てみてリクエスト」は無視していいの?

で、発注者からの「相談」「見てみてリクエスト」は無視していいの? と疑問に思うかもしれません。

 

まず、「見てみてリクエスト」の方は、広告的な意味合いなので、無視してかまいません。

 

一方、「相談」は、発注者は、選んでスカウトしています。しかし、発注者は複数に一方的スカウトを送っているものなので、特に返答は必要ある訳ではないですよ。

 

クラウドワークスで分からない事は~

 

早速、クラウドワークスを試してみたい方は~







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です