きっちり割り勘男! 10円単位まで割り勘




イケメンの彼

あれは私が20代前半の頃でした。当時はかなり面食い。当時とーーってもかっこいいイケメンの彼氏を手に入れたのでした。彼はジャニーズに入れるんじゃね? と周囲に言われるほどのジャニーズ系でした。

 

「ハッキリ言ってこの顔の男性を連れて歩いていれば、周囲にカッコいい男と歩いていると自慢になる」と思っていて、相手のアプローチを待って付き合う事にしたのでした。

 

きっちり完全な割り勘男

最初は顔がカッコイイ彼氏を手に入れて喜びいさんで最初の頃はうきうきの楽しいデートに出掛けるのでした。

 

しかーーーーし、彼との関係に影がひそむのはそう遅くはアリマセンでした。

 

一番疑問に思ったのは、常に割り勘であった事。今迄の感覚では、金額の7割以上は相手が負担してくれるものだと思ってました。そして金額の割合は会社員経験が長くなる程に大方の男性が大半を支払ってくれました。

 

でもココで思い直しました。私は20歳から働いてるけど、彼は学生だったので、もしかしてそのせいかもしれないと学生だから払えないと思う事にしたのです。それで一応自分をなだめるのでした。

 

でも周囲に聞くと学生だってアルバイトしてるしお金持ってるしそれはないんじゃないかなーと言われ、でも一応彼はお金がないのだと思う事したのです。

 

しかーーし。彼は既に4年生でとうとうサラリーマンになりました。

 

名言その1「小銭がないとは何事だーー!」

 

でも一向に割り勘は変わらず、その割り勘というのも実は常に10円単位まで割り勘にしていたのです。

 

彼氏との割り勘に悩んでいる女性はいるかと思いますが、10円単位というのは聞いた事がナイのではないでしょうか~?

 

私には当時男性の男友人が数人おり、彼等とよく呑みに行っていたのですが友達だって、相手の方が多く出してくれるのになぜ彼なのに割り勘なのだろうと、

 

この状況をどう理解すればいいのかが分からず毎度貧しい気持ちになるのでした。。

 

しかも彼の割り勘主義は時間とともに更に厳しくなっていたのです。要は彼はけちを批判されるのがヤで、(今まで彼女に散々批判されてきたので)しばらくはケチをそれでも抑えているつもりだったのです。

 

食事も完全に割り勘、喫茶店も割り勘、缶ジュースも割り勘、コンビにのお菓子も割り缶、しかも会計の場所でいつもお互いお財布からお金を出し合うのがとてもヤでした。私達もう大人なのよ??

 

私が小銭がないっていったら「小銭がないとはないごとだー!!」と叫ぶし、ちょっと信じられないレベルのドドドケチだったのです。

 

名言その2「ガソリン代も割り勘にしようゼ」

 

 

そして機嫌の悪いときにはついに「車代だってただじゃないんだ! 毎回とは言わないけど、半額出せ!」と怒るではありませんか。

 

私はやや頭が混乱してしまい、車ってそんなにお金がかかるものなの? 私は余り運転をしないのでよくわからないのでした。

 

周囲に聞いてみると、えーわかんなーいという返事、誰も何分走ったからいくらだ!とハッキリ計算してる人間はおらず、明確な回答はえられないのでした。

 

ただ別にケチである事自体は別に珍しい事でも何でもなくまぁ普通の事だとは思うんです。

 

でもそれでも男性は自分の気に入った女性の前では「ふろむは出さなくていいよオレが出すよ」とか言ってくれるものだと思ってましたし、その後に付き合う人も普通そんなタイプでした。

 

でも彼は、そんな男性だからおごるべきだという気持ち以上に根本的なケチケチ精神が遥かに上回ってしまい、抑えることが出来なかったのだと思います。

 

名言その3「金の切れ目は縁の切れ目だ」

金銭に対してケチであるという事は、彼のそれ以外の様々な価値観を表していると私は感じる様になりました。

 

要は女性に対してケチという事は、ハッキリ言って、彼女に対してお金を払いたくないという事なんですよ。

 

毎度の10円単位の割り勘は「オレはふろむの為にお金を払いたくないんだ、10円単位でも損したくないんだ」と言ってる事と同じ事なんです。

 

結局私は、会計の割り勘の度に慢性的に、打撃を受けていったのです。

 

彼は「金の切れ目は縁の切れ目だ」とも。彼がお金忘れたとか言って私がお金出した時、お金を後で返すの忘れようとかしてるみたいなんですよね。

 

自分の時は絶対返してもらうのに(当たり前だけど)自分は忘れてもイイって感じで~、しかも1万円とかなんですよ!!

 

彼は金銭だけでなく、様々な面で、オレは一方的に他者(この場合は彼女)に対して、何かをする事がやなんだ、やってもらう事は好きだけどと言ってる事と同じなんです。

 

私はそういった関係は望まないし、もうケチな男とは絶対付き合わないと誓うのでした。

 

ケチと性格の退屈さ(地味さ)は比例する

ケチに比例してか生活もすごく地味であり、すぐ疲れたとかいって休みたがるし、食事で選ぶ店もデニーズとかチェーン店ばかりだし、デニーズのステーキを最高の食事だと思っている彼。

 

私は、彼とは段々、普段の食生活や文化圏が違う様な気がしてきて、毎度デートするのがだんだん苦痛になってきてしまいました。。

 

同じ1000円を使うにして、選ぶお店や楽しみ方ってイロイロあると思うのですが~、彼が使うとなんとも貧乏臭く感じたものです~。。

 

 

毎日1時間の電話、内容のないメール、週一回のデートは、終には、私の精神的なストレスの蓄積により崩壊の一途を辿っていったのです。

 

最期に彼が「オレのどこが悪かった~?」と聞くのでケチだからというのは言われなれてると思ったので「退屈だ」と応えました。

 

彼はふろむのこの回答にショックを受けたらしく、後で「男にそんな事言わないほうがいいよ」って言われました。でも何で男性にそういっちゃいけないのか今でも理解できないのでした。

 

彼は、結婚願望が非常に強く、早く幸せな家庭を築きたいと言っていたので、そんな家庭を築く事が出来たのでしょうか? 多少なりとも、女性に奢ることが出来る様になったのでしょうか?

 

多分彼は、当時のまんまドケチ街道を突っ走っているはず、でも彼はそれでいいのです。

 

彼の度を越えたドケチは、相当な域に達しており、アル意味愉快でもあり、同じ価値観の女性、それに疑問に感じない女性は僅かながらにいると思うし、そういう人に出会えばいいと思うからです。 ドケチ街道を突っ走れーー!!

 

節約は大事だー。大きく節約したいなら、毎月の固定費のスマホ代の節約が超お勧め。

<派遣の節約> 格安スマホにチェンジ スマホ代を毎月5千円以上もカット

2018.02.28

ふろむ41歳。婚活生実況中継中はこちらから(↓)

こっちも読んでおきたい

副業で安定した収入が欲しい⇒クラウドワークスやり方ガイド

シングルライフって時間が沢山ある⇒アマゾンプライム会員でおひとり様時間♪

ブログの運営者ふろむさんにお会いしたい(笑)⇒独身非正規おんな ふろむです







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です