ニートが無料で利用できる居場所




非正規って企業に完全に所属したくないからって人は多い

現在、非正規をやっている方達って、正社員として企業に完全に所属するのがイヤで一時的な姿として非正規として働こうと思った人って多いのではないでしょうか? 何を隠そう私がそうですから。

 

会社でやっている事がつまんなくって、派遣やパートという形で企業には完全に所属せず距離を置く事で、仮の姿として立場を守りたい。でも目先の生活の為に、時給で働くみたいな。

 

でも結果的には、企業に上手く便利に使われる、安い使い捨ての労働力ってのが現実でしたよねっ。

 

私は会社を辞めて、接する社会や人達が変化し大量の時間が出来た事で、様々な施設や集まりに参加していました。そこで多くの人達が年齢に係わらず、自分の現状に不満を抱いているというのを感じたのです。当然私もそうなんです。

 

いわゆる多くの人達が答えのない永遠なる自分探しに突入していると言えるでしょう。

 

 

正社員時代の自分探し

では私が会社員で新卒時代どの様に会社に感じていたかというと下記の通りです。
・仕事が1時間しかなくてヒマで辛い
・仕事がルーチンワークばかりで退屈
・給料以上の事はやりたくない
・大企業は受動的な人間ばかりだから中小やベンチャー企業へに転職を考えるも敢えてリスクを犯して動く気がしない
・労働者は、使う側、使われる側、個人事業主で成り立っている。別の生き方としては、使う側か個人事業主になるのだが、自分の能力ではハードルが高過ぎる
現実逃避の為に
・寿退社して、専業主婦になって、趣味を満喫したい
・取り合えず趣味でアフター5を充実させよう

 

 

この様な複数の問題に悩まされて、10年経って私は会社を辞めました。

 

そーして失業手当を貰うためにハロワに通う様になり、当たり前の様にハロワにいき、その後、心の問題に取組んだりして、いわゆる今思えば壮大な自分探しに突入して行ったように思うのです。

 

その中で、世の中の多くの人達が、年齢に係わらずに自分探しというか今の自分に満足がいかない悩み、みたいなものを持ち続けていると感じる様になりました。

 

世の中では20代の人達が自分に合う仕事を探す姿は好意的に受け止められますが、30過ぎて40過ぎて自分探ししてたら何かおかしいでしょう? でもね彼等は口には出さないかもしれないけれど、20代のそれと余り変わらないステージにあるといえるでしょうね。

 

 

私が自分探しで通った施設

    やる事 通うきっかけ
ヤングハローワーク カウンセリング、自己分析、各種セミナー 月2回の求職活動の履歴の為
カウンセリング カウンセリング(メール、対面)  心の問題を抱えて
サポステ 長期カウンセリング 相談所の紹介
坐禅会 坐禅、お坊さんの説教、交流
教会 神父さんに講義、黙想会、交流
自助G 分かち合い

 

これ等の施設は私はが今まで、もしくは現状通っている場所の施設です。全て公的機関か公的機関みたいなところですね。無料です。

 

ある意味自分探しとは、自分がどう生きていいいいか分からない、何を生涯の仕事としていけばいいのか分からないって事だと思いますけど違うかな?

 

それは別の言葉で言うと求道に近いと思いますね。それが宗教施設なんです。別に宗教施設であなたのやりたい事はなんですか?何て言う事を話す訳じゃないけど、話す人も居るけど、宗教施設が社会で悩む人達の受け皿になっていることは事実なんです。いわゆる人生について話す場だと考えて貰ったらいいでしょう。

 

 

周りの人の話

ヤングハローワークでは
今の仕事が合わないと真剣に悩む人や、何をやればいいのか分からない人、
サポステでは
心の問題を抱える人、働いた経験ゼロな人、ハロワで会う人達よりサラリーマン不適合が強い人達かと・・・(自分含む)
カウンセリングでは
心の問題、人生の問題について
AC自助G
(家族の問題を話す場所ですが多くの人が)、やりたい事がない、自分の居場所はココじゃないと言い訳してきたなどを吐露する人
坐禅会、教会
会社で下らない事やってる、会社が合わない

等など。。

コレ見ると分かるのですが多くの人が年齢に限らず同じ事を言っているって事なんです。現状に生き方に不満があるって事なんです。年齢に限らず、自分の人生の仕事や生き方に悩んでいる人はどの世代でもみんな悩んでいるのではないでしょうか?

 

むしろ悩んでいない人は居ないのではないでしょうかね。でもそういった話を会社で話すのは何か変ですよね。会社で出会う人達はそんな内面的な事話すのはおかしいですし、余り知られたくもないですよね。会社でも個人的な付き合いのある同僚や、取引先で親しい人だったら話せるけどね。

 

 

自分探しは生で人と交流する

私はこの自分探しの過程で、多くの人達はそれらを共感できる場所を必要としていると感じる様なりました。なんだか自分だけで自問自答するのもいいですけど、生で人とやった方が効果が大きいです。

 

人に聞いてもらって、共感してもらったり、自分が聞いてあげて、共感してあげたり、自分を理解する事で他人を理解できる、他人を理解する事で自分も理解できる。自分探しというのは、共同作業の方が内容が充実するのではないでしょうか~。

 

そんな場所を別に今の会社を辞めてフリータにならなくてもいい訳ですよね。正社員のままでもどの施設も使えますしね。そんな自分の心について話せる場所を持ってみては、答えは見つからないかもしれないけど、見つかるかもしれないけど、皆そうなんだと思えることが自分にメリットがあると感じましたね。

 

こういった施設で、様々な人たちと交流する事も後々豊かな経験になるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

40代(現在41歳) 独身非正規おんな ふろむです。

2017.05.15






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です