派遣&一人暮らしが食費を節約する3つの方法




食費の節約

一人暮らしをしている方は、食費の節約というのは意識されているでしょか? 食費って生きて行く為の最低ラインんですから節約ってなかなか難しいですよね。私は、普段の食費の節約を意識した事は特にアリマセンでした、特に正社員の時までは。。

 

でも非正規になると、節約をせざる終えません。実際の所、食費をちまちまと節約しても、余り意味が無いかもと思いましたが、非正規の時って、先が見えない不安からか、普段から切り詰めないと精神に支配されてしますのです。

 

私は通常一ヶ月の食費は2万円位でした。コレは自炊分ですよ。

 

それ以外に毎日どうしてもストレス発散の為に1000円ランチを食べるので、1000円×20日=2万円の金額はどうしても外せませんでした。切り詰めているけど、頑張って働いているんだから、ランチ位1000円の食べたいんです。

 

 

デパ地下のお惣菜

私が特に非正規になってから利用していたのは会社帰りのデパ地下のお惣菜や物産展の生ものでした。お惣菜はハッキリ言って私の会社のデパートは高齢者向けで野菜ずくしでしたが、一人暮らしだとバランス悪くなるので、この中から余り野菜的でないのを探して買っていました。

 

物産展はかなりの頻度で行っていて、私は物産展が大好き。物産展って生ものが多いので、見せ側はその日に売り切りたいのと、最終日に行くのがポイント。

 

 

お惣菜も物産展も、昼間の奥様方が引けた後、19時以降に30%~50%引きになるのでこの時間帯を狙っていました。

 

まぁでも私は、会社がヒマだったので、その19時まで時間を潰すのが大変。だからお惣菜や物産展で割引を購入するために時間を19時まで潰す様な事は無く、、だって普通に帰れば19時前にアパートに着いちゃうので。

 

気晴らしにウィンドーショッピングしたいなって時くらいですね。

 

 

スーパーの見切り品

他には、夕方にスーパーに行っていました。当初は休日にまとめてスーパーに行っていましたが、休日は私が住んでいたところは、マンション街で、夫婦で共働きの方が沢山いて、スーパーが激混みだったんです。住人とスーパーの数が合ってないのでは?と疑問に思っていました。だから兎に角会計が混むので休日の疲れる労働にー。

 

そこで、会社から帰って、ご飯を食べてから20時以降、散歩がてら、少し離れた片道25分位のスーパーに行ったところ~、とても夜風が気持ちよくってとてもリフレッシュ出来たんです。

 

 

朝から晩まで働いて、1日の余暇が、夜のスーパーへの往復の1時間の散歩道である、という現実は、気が付けばみじめではあるのですが~、それが、しがないOL(特に派遣)の生活の現実でもある訳で。。。

 

週2回程夜にスーパーに行くのが習慣になりました。惣菜やお肉系が30%位にはなってるし、そこで牛肉の一人前50%オフで半額のを400円で買うのが当時の私の自炊の料理の中では唯一の贅沢品でしたよー。

 

 

母親に料理して貰う

後は、一人暮らしってどうしても食事がの種類が、少なくないですか? どうしても、焼きそばとか、しょうが焼きとか、カレーとか、、単調なものしか作れないんです。そのためにデパートの惣菜や物産展や、職場でのランチにお金を掛けて栄養を補っている訳ですが~~。

 

私は母親によく家に来て貰って料理して貰っていましたよ。当初は一泊で泊まって作っていたのですが、途中から日帰りという方法にしました。私が会社に行く朝7時半頃に私のアパートに来てもらい、鍵を渡します。そんで私が会社に行っている間に、母親が私の部屋を掃除して選択して料理を作っておいて貰うんです。後一週間分位の料理をして貰って、冷凍しておくんですよ。

 

一人暮らしの皆さんは、その様に、食事のバランスを取っていますか? 1人だとどうしても単調になってしまいますよねー。

 

 

40代(現在41歳) 独身非正規おんな ふろむです。

2017.05.15






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です