ペアーズ(Pairs)の年齢確認の方法 Let’s Try




ペアーズを利用するには年齢確認が必要

ペアーズ(Pairs)にまず登録した後、正式にペアーズ(Pairs)を利用するのに年齢確認が必要です。

 

でも実際のところ、年齢確認をしなくてもペアーズ(Pairs)で出来る事もあるんです。

 

年齢確認しなくてもペアーズ(Pairs)で出来る事

ペアーズ(Pairs)では年齢確認をしなくっても以下の3つが利用可能です。

 

①「自身のプロフィールの編集」
②「お相手の条件検索」
③「お相手へのいいね」

 

①自身のプロフィールの編集や、②お相手の条件検索、③お相手へのいいね、又はいいね返しは、年齢確認をしなくっても利用OKです。

 

でもお互い、いいねをし合って、異性とメッセージを交換する時には、年齢確認が必要になるんです。

 

要は、ペアーズをちょっとやってみたいけどという方は、年齢確認前までのところなら、取り敢えず登録して、検索機能やプロフィールの書き方等を実体験する事は出来るんですヨ。

 

年齢確認する訳

それでは、なぜペアーズ(Pairs)では年齢確認が必要なのでしょうか?

 

免許証などは、重要な個人の情報が記載されていますし、スマホで免許証等を撮って送るのも多少は手間ですよね(^^;。

 

ペアーズ(Pairs)の会社概要

ペアーズ(Pairs)で年齢確認するのは~?

ペアーズ(Pairs)がインターネット異性紹介事業に

属するからです。

 

インターネット異性紹介事業を行う会社は、出会い系サイト規制法に関する法律があり、利用者が児童でないという確認義務があるからなんです。

 

株式会社エウレカ

そうは言っても、よく知らない会社に、免許証などの画像を送るのは不安ですよね。

 

ではペアーズ(Pairs)の運営会社であるエウレカさんってどんな会社さんなのでしょうか?

 

エウレカは米国大企業の子会社

実は、株式会社エウレカさんは、全株式ををアメリカのIACグループのMatch Groupが全株取得しており、いわゆるMatch Groupが親会社で、エウレカが子会社という立場にあります。

 

IACグループとは米国のメディア企業でその傘下のMatch Groupの子会社という形になります。

 

その為、大企業の関連企業なので、安心感が強いのではないでしょうか?

 

TRUSTeの取得

TRUSTe(トラストイー)を取得。

一般社団法人日本プライバシー認証機構より、個人情報保護法に関してより高い基準で個人情報の利用や保護をしている事の第3者機関より承認を得ています。

 

以上の2点から、

  1. 米国大企業の子会社である事や、
  2. 第3者機関よりTRUSTeを取得し、個人情報保護法に関してより高い基準で情報の利用や保護をしている事が承認されている事から、

 

免許証等を提示する事に関して、安心して、免許証等の提示が出来るのでは無いのでしょうか?

 

年齢確認に使用できる公的証明書

ペアーズ(Paris)の年齢確認で利用できる書類は左記の通りです。

 

スマホで撮影して、免許証などを送りましょう。

 

大抵1時間以内で確認されるようです、私の場合は10分位で確認が済みました~。

 

さあ ペアーズ(Pairs)でバリバリ婚活

さあ!! 年齢確認が終わったら、ペアーズ(Pairs)を充分に活用できます~。

 

異性と「いいね」をし合ってカップリングして、メッセージの交換コをしましょう~。

 

では、皆さん、ペアーズで一緒に、女性は無料で途中で課金しなくて全然問題有ません(課金する方法もあるけど無くて充分利用できます)ので、気長に婚活ライフを楽しみましょうね♪

pairs

 

こっちも読んでおきたい

副業で安定した収入が欲しい⇒クラウドワークスやり方ガイド

シングルライフって時間が沢山ある⇒アマゾンプライム会員でおひとり様時間♪

ブログの運営者ふろむさんにお会いしたい(笑)⇒独身非正規おんな ふろむです







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です