社会人 憧れのワーキングホリデー




えるすんはもし20代で辞めていたら、ワーホリに行くのが夢でした。当時ワーホリが盛んで(今もかな?)、同年代でも行っている人はいた。ワーホリは20代に行くから楽しいのであって、えるすんも20代の若い時に、海外に1年行ったら楽しかったのにナーと思います。

ワーホリに行った同級生は、学校時代割と大人しかった人が意外な行動力を見せるという印象を受けました。皆さんの周りはどうですか?

中学の同級生でワーホリに行った子がいて「ワーホリ凄い楽しいし、当時の友人は今でも仲間だ。絶対行った方がいい、会社なんて帰ってから派遣やればいいんだから」と言わました。

でも保守的、安定志向、臆病なえるすんにとって、海外にワーホリに遊学するのなら会社を辞めないといけないし、そしたら一生の保障の40年の雇用保障&年金保障を捨てないといけないからそれが怖くて出来ないって思ってた。でも結局30歳で会社を辞めた訳だから、別に20代で辞めても良かったんだな~と思った。
(手堅い保障)

保障を捨てる事に恐怖を感じない子って何が違うんでしょうね~?

余程覚悟があるか、後先考えないかのどちらかでしょうね~。

えるすんが20代の時、中国の二胡がプチブームで(女子12楽坊)、えるすんは、会社では叶えられない欲求を趣味で叶えようと、かなり二胡にはまっていて、中国に二胡留学をしたいと思っていたほどなんです。ワーホリというとヨーロッパやアメリカだけど、えるすんは中国にワーホリに行きたかったんです。

自分が中国に二胡留学する姿を想像して酔いしれて~~。。

当時の友人に、「働いて(実際にはただ座っているだけ)お金ためたんだから、20代の内1年位、自分の好きな事の為に時間やお金を使ったってバチ当たらないと思う」と二胡留学の夢を力説していました。
「言われてみればそうかも。えるすんちゃんの考えは正しいと思うよ」と言って貰えました。

今みたいな経験値があれば、ぜーーったい会社20代で辞めちゃうのに、やっぱり当時は保障を捨てる恐怖で出来なかった。だから20代で会社辞めてる人って、その覚悟というか行動力って凄いなーって思うのです。えるすんにはナイ事だからです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です