派遣は定期を買うべき? 派遣切りにあった時払い戻し可能?




定期券は何ヶ月で買うべきか~

派遣の新しい紹介も来て、顔合わせも無事通過。職場もイー感じ。さて来週から新しい仕事だわー。

 

そこで迷うのが、実は定期券の購入期間ではないでしょうか?

 

非正規の生活は、薄給ですから~、世間との差を埋める為に、イロイロな出費において、

 

全てディスカウントで購入する事によって、その生活レベル差を埋める事で、並の生活を維持していたりする訳ですよね。

 

派遣は交通費は基本支給されず自腹。(一部派遣先企業が負担してくれるケースも有るようですが)この大きな出費をディスカウント出来るのはとてーも重要なモノ。

 

しかーーし、交通費の割引というのは、長期間使う事に対するサービスとして、割り引かれているもの。

 

って事はー、長期間購入すること=雇用保障が有る人にとってメリットがある制度なんですよねーココでも又、派遣社員は対象に漏れてしまう訳ですよね~。

 

最も割り引いてもらいたいのは私達の方なのにね。

 

とある企業への通勤定期代

私が、とある派遣先企業への定期券代。

 

1ヶ月   /  3か月分 /  6ヶ月分
16,480円  /46,970円 /79,100円
一ヶ月買うより~(2,479円得)(19,780円得)

 

3ヶ月更新で末永くその会社で働くつもりだから、ココでは早く6ヶ月定期を購入したところーー。でも待って。

 

はやる気持ちを抑えてまず一か月分を購入。まず契約書を確認してみてね。最初は一ヶ月更新となっていますよね。まぁ取り合えず一ヶ月分の定期を購入します。

 

うんっ調子も良い!! 後は3ヶ月更新で更新され続けるからとー当たり前のように6ヶ月定期券を購入しましたー。派遣にとって割引はとても大切な意味がありますよねっ。

 

しかーーーし、とにかくトラブル続きの現場で、派遣更新ならずーー・・・・結構落ち込みますよね・・・

 

そこでー思うのが・・・定期券買っちゃったよ。コレどうなるんだろう? 一度購入したものだから無理なのかなー。

 

ムリだとしたら~、自分のはやとちりとしても、非正規一人暮らしの身としては、苦しすぎる出費ですよコレはー。

 

でもさ、昔はプラスチックの定期だったけど今はSUICAでしょ。SUICAって落としても再発行できるけど、プラスチックのはできなかった。

 

って事は、SUICAならもしかしたら払い戻しも出来るのかも? と期待を抱いて緑の窓口へ。
(払い戻しの規約については各社のルールをHPで確認ください)

 

そーーしたらちゃんーーんと払い戻して貰えるんだってーーやったーーー! でもさ、返金されなかったら、派遣一人暮らしの身には、かな~り痛い出費ですよー。もうひどいこと続きだよーー。

 

定期券の払い戻しってやった事ないし~、その様な場面に遭遇した事がないし、こっちは生活かかってるから不安になったよ~。

 

定期券払い戻しから学ぶ派遣の将来性の不確実性

でもなんかーー、定期券を返金して貰う時、みじめな気持ちになった事は事実なんです~。

 

なんかさー、私も生活の為に働いているんですよ。別に契約期間の数ヶ月の為だけじゃなく、その後も続く生活の為にさ。

 

それを相手の都合か、例え自分の問題であれ、一方的に切られて、今後の生活どうなるかわからないっていう。。

 

派遣の皆さん!! 真面目に考えてみて!! 皆さんも派遣の経験があるなら、定期券を購入する時、はて何ヶ月購入すればいいか迷ったはずっ。その状況ってどんな事を示しているでしょうかね~?

 

定期券を確実に安心して6ヵ月分も買えない=6ヶ月のの生活の保障もないって事ですよね。

 

しかーも私の場合は、3ヶ月更新されて、6ヶ月は働くだろうと思って6ヶ月定期券を購入したら、契約更新ならず、定期券の払い戻しだってよ!! コレは正直みじめでしたよ~~。

 

ちなみに、いくら派遣切りになるかもしれなくっても、通勤定期は6か月分まとめて購入して、派遣切りになったら、払い戻して貰いましょう。

コレが派遣社員の実態なんですよねっ。私もう絶対派遣はやらないって心に決めましたモン。別にこの定期券事件の事だけで決めた訳ジャーないですけどね!

 

派遣切りに遭ったら、次の仕事まで、自宅でクラウドワークスで収入を得てみては?

 

こっちも読んでおきたい

副業で安定した収入が欲しい⇒クラウドワークスやり方ガイド

シングルライフって時間が沢山ある⇒アマゾンプライム会員でおひとり様時間♪

ブログの作成者ふろむさんにお会いしたい(笑)⇒独身非正規おんな ふろむです







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です