日雇い労働者 その仕事内容とは?




日雇いの特徴

労働スタイル

日雇いの特徴は、その労働スタイルです。

 

正社員、非正規社員、パートは全て、定められた日時に、継続的な労働を行いますよね。

 

でも日雇いは違います。労働者にとっては、1日単位の契約で、仕事に対して継続性が無く、毎日違う現場に行きます。

 

仕事内容はその場で教えられて出来る事です。

 

日雇いとパートとの違い

収入的には、日雇いもパートも余り変わらないと思います。でもだったらなぜみんなスーパーやOO屋さんのパートをしないのでしょう?

 

男性の状況は詳しくは分かりませんが、女性が日雇いしかないという事は有り得ないんですよ。

 

パートがいくらでもあるでしょうに!! 結局、日雇いのメリットはその労働スタイルではないでしょうか?

 

 

普通仕事では、毎日同じ仕事をする事で業務スキルを身につけるわけですが、

 

仕事に継続性がないので業務スキルが身につかない、それに付随する継続的な人間関係を持たない。

 

労働者側としては、同じ場所で同じ仕事で働かなくて良い、

 

継続的な人間関係がを持たなくていい働き方を望む人がこの日雇いの世界に定着していくのでしょう。

 

収入

日給は手取り、6,000円くらい。会社側は1万くらい払っているけれど、派遣会社に3割取られます。

 

で毎日20日サラリーマンないみに働いたら12万円になります。これだけみると金額自体はそんなに悪くないかもしれません。

 

が、正に1日単位で、労働を売るので、身体を壊したらお金が入りませんので、日雇いをメインにしている人は、頑張って働かないといけません。

 

表情

そんな労働形態で習慣化して働いている人達の表情は、実は特徴があります。

 

表情がどよ~んとしている、生気が無い、無気力、暗い、不快感を感じたんです。

 

お金が無い

笑うと歯が黒く治療していない。靴下に穴が開いているとか。

 

汚れている

工場の肉体労働が多いので、汗をかくからというのもありますが、服が汚れている気がする

 

仕事自体はハード

デスクワークみたいなものは余りありません。

 

大半は、倉庫内で走り回るような作業で、汗をかき、1日働いただけで疲れきります。

 

年齢層

20代から~60代まで(70代もいる)ランダムに居るのですが~、以外にも20代女性はかなり多いんです。ビックリでしょう?

 

何ゆえにこの様な仕事を継続しているのかっていう・・・

 

結局、それは、働き方への価値観なんですよ~。それは日雇いの労働スタイルである継続性がない事だと思うんです。

 

労働形態と収入と楽さ

私達労働者階級のヒエラルキーは下記の通りですよね。

 

正社員>派遣社員>パート>日雇い

 

コレはある意味、企業への雇用保証のレベルによるランク付けでも有ります~。

 

で雇われやすさは又、上記の逆で、日雇い>パート>派遣社員>正社員ですよね。

 

  • 日雇いは、書類提出のみ
  • パートは書類選考や面接で落ちる可能性は少ない傾向に
  • 派遣社員は、社内選考と顔合わせ(競合が有る場合アリ)という選考があり
  • 正社員が、採用のハードルが一番高いですね。

 

でも、別に労働者としての、能力差を表すものでも全然ありませんし、大企業正社員の無能ぶりは驚くほどのものですから~(私が居た会社は)。

 

むしろ雇用形態は、その人の仕事や生き方への価値観を示しているのでしょうね。

 

でも、入り口は狭いけど、働いてて楽なのは正社員ですよね。

 

労働ヒエラルキーが下がるにつれて、ハッキリ言って労働者側の働く条件はそれはそれは過酷になりますよね。

 

日雇いは労働への継続的な態度を自分の中で失う事です。それはキット自分自身の中の大切なモノを失う気がしますね。

日雇いの底辺感がやばい!! 日雇いの一日に密着

2017.11.06

日雇いのド底辺で汗水流して働かなくっても、クラウドワークスで在宅ワークを目指しては?

クラウドワークスで分からない事は~

 

早速、クラウドワークスを試してみたい方は~







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です