派遣社員が半休制度がなくって困る事




年休は半休で有効活用

派遣社員で働き始めると、正社員みたいな半休制度というのが無い事に気が付きまーす。

 

半休制度なんて、大して大きな問題ではナイ! そう思いますか? でもね、実は半休制度って、ちょっとした用事を済ませるのに有効活用出来たり、ちょっとした贅沢をするのにも有効活用出来るモノなんです。

 

例えば、仮に、年休が年間12日あったとしまーす。そうなると月1日で消費出来る計算ですよね。月1回は3連休でゆっくり休めるようにしていて、祝日の3連休が無い月は有給を1日使って3連休にしたりしていました。

 

で、祝日で3連休がある時は、この1日の有給を半分にして午後半休するのに使用していたんですよ~♪

 

勿論、半休は必ず午後に取りまーす。 午前中の勤務時間は3時間、午後は4時間半なんで、午前中に2回半休取ると6時間の休みで、午後に半休を2回取ると9時間の休みで3時間の差が出るんですよね。

 

午後半休取れば3時間も多めに半休が取れるんです。

 

 

半休で出来る3つの事

私が半休で有効活用していたのは下記の3つです。

 

1、朝起きれなかったので午前休。まぁこの場合は朝起きれなかったので午前休をするという有給の残念な使い方をしていましたね。途中で、午前休はとても損だーという事に気が付いて、午前中仮病で休むという事はしなくなりました。

 

2、映画の女性が1000円の日に午後半休。コレは便利で、勿論住まいの近くでも映画を見る事は出来るんです。映画館も大きくってキレイだしね。でもやはり都内の銀座で見るのが一番楽しめましたね。

 

でそうなると、1日休んでしまうと、わざわざ都内に電車に乗って出掛けるという面倒な事をしないといけない訳ですね~。そこで、午前中は毎朝のいつも通りに電車に乗って会社に行って3時間だけ働いて午後半休を取り、銀座で美味しいランチを食べてから、銀座で映画を見る~という事をしていましたね。

 

私にとって水曜日の女性の日に1000円の映画を見るのはとても生きた心地がする時間だってのです♪

 

3、午後休して美容院へ行く。休日は美容院は客が多いのでゆっくりした雰囲気が無いので行きません。で平日の19時以降に行ったりします。でも夜行くと、折角の髪を切った最新の状態を楽しめる時間が短いので、午後休して美容院へ。でその後、ショッピングなどを楽しみます。

 

こんな風にして半休を楽しんでいましたね~♪

 

派遣で半休が取れず困った事

で、派遣になって半休が取れないーって途中で分かったのでこの様な優雅な休日の過ごし方はオジャンーになってしまいました。

 

1、朝起きれなかったので午前休なんて、派遣の場合はどうすればいいのでしょう~? 誤魔化して体調不良を訴えて1日病欠にするか~、もしくは、午前中3時間のみ欠勤にして貰うとか~。

 

2、映画の女性が1000円の日に午後半休っていう、優雅な時間が過ごせなくなったのは痛いですね~。会社員の私の唯一の楽しみでもありましたね~。

 

3、午後休して美容院へ行くっていうのも、午後半休できないなら19時以降行けばいいんだけど、、

 

午後半休すれば、みんなが働いている時間にオフィスを抜け出して、混雑を抜け出して、ちょっとだけ贅沢な時間を過ごせるっていうのが出来なくなったのがさみしかったですね~。

 

それに、半休って遊びじゃなくっても、ちょっとした用事を済ませるのに便利なんですよね。例えば免許の書き換えとか、役場での事務処理とか、家族の行事とか~ね。

 

派遣で半休が取れないと、そんな、年休取るほどではないちょっとした用事や、ちょっとした贅沢な時間を取れない、楽しみ方みたいなのが出来ないな~と思ったのでした。

 

40代(現在41歳) 独身非正規おんな ふろむです。

2017.05.15

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です