失業保険を繰り返し受給できる職場を発見!




6ヶ月以上で失業保険が貰えるけど

6ヶ月以上の被雇用保険期間でと会社都合退職で、失業保険が貰えるけれど~~、

 

離職の日以前2年間に、「被保険者期間」が通算して12か月以上あること
ただし、倒産・解雇等により離職した方(「特定受給資格者」又は「特定理由離職者」)については、離職の日以前1年間に、被保険者期間が通算して6か月以上ある場合でも可

 

 

6ヶ月被雇用保険期間&会社都合退職&再雇用が可能な雇用形態

私が、無駄に非正規を渡り歩いた中には、6ヶ月被雇用保険期間&会社都合退職&再雇用が可能なパートというのが存在していました~。

 

・毎年仕事を探さなくて良い、リピーターは必ず採用される、新しく仕事を覚える必要なし。

・希望すれば会社都合で辞めさせてもらえる

・被雇用保険期間が6ヶ月に足りなければ、他の電話の仕事を優遇してくれる

 

という~上記が叶えられる幸せな雇用形態でした~~。

 

長く継続してパートで働く場合、この上記の、6ヶ月の被雇用保険期間&会社都合退職&再雇用で働ける条件と、1年間フルでパートで働ける条件の収入について比べてみました。

 

 

1年パートvsパート+失業保険はどっちがいい?

 

1年パートでフルで働くのと、パート+失業保険を貰うのとではどの位、収入に差が出るのか~、同じ時給で考えてみました~。時給1000円で考えて見ましょう~。

 

①時給1000円で1年間パートでフルで働く。

時給1000円×8時間=8000円 8000円×20日=16万円  16万円×12ヶ月=192万円/年

 

②-1時給1000円で、6ヶ月の被雇用保険期間+失業保険で働く。

雇用保険は2ヶ月目から掛かる事が多いので、7ヶ月働いて、その後3ヶ月失業保険を貰うケースで考えて見ます。7ヶ月の被雇用保険期間+失業保険

16万円×7ヶ月=122万円  13万円(失業保険)×3ヶ月=39万円  122万円+39万円=161万円/年

②-2 9ヶ月働いて、その後の3ヶ月失業保険を貰う場合 9ヶ月の被雇用保険期間+失業保険

10016 16万円×9ヶ月=144万円 13万円×3ヶ月=39万円  183万円/年

 

この様に考えてみると、失業保険貰うと凄く楽にお金を貰う事が出来る事が分かります~。

 

パート+失業保険vsレジパートはどっちがいい?

パート+失業保険と、1年間レジパートするのでは、どの位違いがあるのでしょうか~?

 

私のレジパートは820円でしたので、820円×8時間=6,560円 6,520円×20日=13万円 13万円×12ヶ月=156万円/年

 

7ヶ月の被雇用保険期間+失業保険 ②-1は161万円 、9ヶ月の被雇用保険期間+失業保険②-2は183万円 

 

時給が180円でこんなに差があるのなら、即効、パート+失業保険を取りますよね。。

 

ちなみに、どちらのケースも、継続して働き、最短の被雇用保険期間を働けば、会社都合で辞められて、来年又やとってくれる会社という前提です。

 

 

短期バイトのメリット

こういった短期バイトって長期バイトと比べて明確な目的がある人も多い気がしましたね。

 

例えば長期パートは、まさに長期的に働く意識が強いんです。でも短期バイトは、OO円欲しいとか、OOが欲しいからOO円欲しいとか、目標が明確なケースが多いんですよね。

 

短期的に働いて会社都合で辞めれば雇用保険も一杯貰えてラッキーですよねっ。

 

 

 

40代(現在41歳) 独身非正規おんな ふろむです。

2017.05.15






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です