派遣を使うメリットは? 契約期間を短縮してより便利に派遣を使う為




派遣を使うメリット

皆さんは、自分が雇用主だったら、どんな雇用形態で労働者を雇いたいですか? 正社員、派遣社員、パート、日雇いの4つの雇用形態ならどんな雇用形態で雇いたいでしょうか?

 

私が雇用主なら、企業規模にも寄るけど、正社員はお金が掛かる。派遣は派遣労働者には3割減でしか渡っていないんだけど企業側の払う単価は高い、

 

3ヶ月更新でクビを切り易いのは便利な反面、派遣労働者自体も辞め易く人が定着しないので仕事を覚えたと思ったら辞めてしまう事も~。

 

パートが、単価が安いし、直雇用なのでマージン取られないし、長く勤めて貰い易い。1日単位の日雇いは、工場など用途が限られていて、一般的には余り活用できない。

 

こう見てみると、日本社会はいかに雇用主側に都合のいい労働形態が揃っているな~~と思うのは私だけではないだろう。結局、小規模ならパートが一番使い勝手がいい事が分かる。

 

派遣の超便利な雇用契約

長期派遣は通常3ヶ月更新になっているケースが大半だと思います。でも6ヶ月更新や1年更新というのも存在しています。

 

では何故企業は、3ヶ月更新にしているのでしょう~? 派遣やった事ある方なら肌で感じていると思うけど、仮に6ヶ月更新や1年更新だと、もう要らないや! って思った時、契約解除出来ないから。

 

 

契約期間内は契約解除できない法律

労働契約法第十七条 使用者は、期間の定めのある労働契約について、やむを得ない事由がある場合でなければ、その契約期間が満了するまでの間において、労働者を解雇することができない。

 

労働基準法第20条 使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも三十日前にその予告をしなければならない。三十日前に予告をしない使用者は、三十日分以上の平均賃金を支払わなければならない。但し、天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となつた場合又は労働者の責に帰すべき事由に基いて解雇する場合においては、この限りでない。

 

上記2つの法律があるので企業側からの契約解除は出来ません。であるのなら、1ケ月更新もあるけど、手続き面倒くさいし、3ヶ月が妥当だと思いません?

 

通常長期派遣は、一週間⇒1ケ月⇒3ヶ月更新になっていますよね。

 

派遣労働者が知っておくべき労働契約の法律についてはこちらから

お勧め記事派遣労働者が知っておくべき労働契約の法律について

 

なんかこういうのって結局は私が企業側だったら、明らかに出来ない人が来ないか一週間で様子を見て、

 

1ケ月で更に様子を見て、3ヶ月更新で労働者にちゃんと働かないとクビにしますよって脅しを掛けて働かせるのに非常に都合が言いやり方だと思います。

 

それが実行されちゃっているのが派遣制度だとぶっちゃけ感じますよね。。

 

1年契約⇒6ヶ月契約⇒3ヶ月契約⇒1ヶ月契約⇒一週間(最初のトライアル)で、更に雇用主に便利に短く日にちを細分かされて1日契約で働かせるのが日雇い派遣の実態なのでしょうね。

 

派遣は契約延長されずにあっさり派遣切りなんて日常茶飯事。

お勧め記事派遣切りされた体験記 第1話<派遣切り 通告編>

 

非正規で働く労働者側の論理

これまでは企業側の論理なんだけどこれを労働者側の論理で見てみると~、これは飽くまで私の場合は、なんですけど~、

 

まぁ批判を覚悟で言うと~私が派遣やパートで働きだしたのはぶっちゃけ会社員が嫌いだったからなんですよね~。

 

会社員が嫌いだから、より縛りのない労働形態を求める様になったんです。正社員より派遣社員、通勤の楽な近所のパート、派遣やパートやるとお金が無いので空き時間に日雇いをやる~という様な~~。

 

実際、非正規労働者の求人広告では、やたらに「自由な働き方」という宣伝がされていますよね~。

 

1日派遣に当たっては、「単発1日バイト・行った先で直ぐ仕事が出来る・人間関係のストレスなし・面接なし(誰でも採用)・日払い可等」という求人広告なんです~。

 

で、この宣伝文句や、雇用主側の思惑のターゲットになっているのが~、学生、会社が詰まらなくて辞めた人や、リストラ中高年や、主婦層なんじゃないかなーって思う。

 

労働者の転落

兎にも角にも~、

正社員=一生保障
派遣社員=3ヶ月保障
パート=薄給の一生保障
日雇い派遣=1日保障

 

という労働形態であり~、派遣社員やパートだとそれだけだと生活出来ないので、空いた時間を少しでもお金に換えようと日雇いに手を出すのはそう遠くなく、

 

3ヶ月更新の派遣の仕事を失えば日雇いしか仕事が無くなり、住居を失う危険性が増し、住居を失えば日雇いしながらネットカフェ難民になるしかなく、、、

 

と驚くほどに生活が転落していく訳で。。。ちょっと怖いくらいですよね。。ネットカフェの次はホームレスでしょうか、、

お勧め記事派遣の一歩先はネットカフェ難民が待ち受けている

 

結局、1日単位の仕事しないかしなければ、1日単位の仕事と住まいしか確保できず、3ヶ月単位の仕事しかしなければ、

 

3ヶ月単位の仕事と住まいしか確保できず、終身雇用単位の仕事をすれば、一生の仕事と住まいを確保出来るようなのです!

 

その人が働いている労働形態というのは、その人の、サラリーマン社会への適応を示している面もあるとは思います。

 

だって日雇いには20代の女性も居ましたモン。彼女達がそれしか仕事が無いなんて有り得ず望んで日雇いやってるんですよね。なんか色んな事が面倒くさいって雰囲気感じでしたよー。

 

皆さんは現在何処に居ますか?

 

派遣やパートや日雇いでお金が足りない方は、クラウドワークスという方法も。

こっちも読んでおきたい

副業で安定した収入が欲しい⇒クラウドワークスやり方ガイド

シングルライフって時間が沢山ある⇒アマゾンプライム会員でおひとり様時間♪

ブログの運営者ふろむさんにお会いしたい(笑)⇒独身非正規おんな ふろむです







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です