派遣法改正から3年 2018年雇止めが増加か?




2015年 派遣法の改正から3年

現在、派遣で働いている皆さんは、今の職場で順調に契約更新されて働いていますか? でも、派遣、という働き方は、いつか期限が来ますよね。

 

実は現在派遣で働いている人達にとって、2018年というのは、注目の時期ではないでしょうか?それは何故かと言うと。2015年10月施行の派遣法改正以後に、派遣契約した人達が、契約期限の3年を迎えるからです。

 

では2015年のどの様な法改正が行われたのでしょう?

 

派遣法改正について政府は「正社員を希望する人にはその道が開かれるようにする」「派遣元の責任を強化し、派遣就労への固定化を防ぐ」として、派遣労働者の労働条件の向上の為の改正とされていますが~、

 

2015年 派遣法の改正~

 

 

(1)事業所単位の期間制限
事業所単位の期間制限として、同一事業所における派遣受入可能期間は、原則3 年となりました(改正法40 条の2 第1 項、第2 項)。しかし、派遣先会社の過半数労働組合または過半数代表者から意見聴取を行えば、当該事業所でさらに3 年間派遣労働者を受け入れることができ、このような延長は何度でも行えます(同第3 項、第4 項)。

 

(2)派遣労働者個人単位の期間制限
事業所単位の期間制限をクリアして受入可能期間が延長されても、次に派遣労働者個人単位の期間制限があります。1 人の派遣労働者が派遣先の同一組織内の業務に就けるのは3 年までとされました(改正法40 条の3)。

 

これは言い換えれば

  • 過半数労働組合等の意見聴取を条件に、人を変えれば、同一の事業所単位において派遣労働者を受け入れ続けることが可能となり
  • 組織単位を変えれば同一の派遣労働者を受け入れ続ける事が可能

なんですよね。

 

派遣で働く人って、元々短期の働き方として始める人が多いんじゃない?

ただ派遣で働き始める人って、元々は短期的な働き方で始めた人が大半じゃないかと思うんです~~。

 

私も、正社員を10年続けた後、女性だし、いつかは結婚するからそれまで仮の姿として派遣で働くーというつもりだったんです~。

 

そういう女性はかなり多いと思います。しかーーし、女性の未婚率の上昇で、単なる非正規独身、、いわゆるフリーターの独身というやば過ぎる状態になってしまったっていう~~。。

 

だから上限が3年と言われても、むしろ派遣で一ヶ所で3年持つ~というイメージが有りません・・・私は数年働くつもりでも、会社側から派遣切りされたりしますからね。私の場合は・・・

 

だから気が付けば、自分が仮の姿として派遣を始めた事も忘れて、、もう目先の生活の事で精一杯になっちゃいますよね。。

 

直接雇用を望んでもされなかった場合の痛手がデカイ

3年上限で、直接雇用依頼が出来る、、でもね、直接雇用をしなくてはいけない義務はないんですよね。意見聴取を行えばいいのであって同意が要求されている訳ではないので、直接雇用を受け入れるかは会社次第な訳です・・・

 

2015年派遣法改正後の派遣で働く人達が、3年後の2018年の9月末以降、直接雇用を申し出た派遣労働者達が、受け入れられたか受け入れられなかったかは、今後のニュースで報道される事になるでしょう~。

 

確率は充てにならない

私はこういった、契約3年後、派遣から正社員になれる人が増えたとか減ったとか、大企業では無理とか、中小ではOKとかイロイロなケースがあると思うけど、こういった確率的な物の見方は自分には該当しないと感じています。

 

仮に10人の派遣が居て、8人派遣を正社員にする事になったとします。傍から見れば、80%の可能性で正社員になれるけど、自分が20%の正社員になれない可能性も高いですよね。

 

 

例えば、私は派遣切りにもあったし、それって他の人は遭ってないのに自分は遭ってるんですよね。私は人生で貧乏くじを引きまくる人間なんです。

 

この3年期限で派遣から正社員になれる人は勿論居るけど、希望するなら、なれたら儲けものって気持ちじゃないと、なれなかった時のダメージがデカイ・・・と思うんです。

 

しかも、なれたら儲けものという派遣から正社員への道に希望を託すのはバクチみたいなもんですよね~。。

 

でも兎に角、2018年問題、派遣から正社員へのニュースは私達にとって重要なニュースになりますよね。

 

 

40代(現在41歳) 独身非正規おんな ふろむです。

2017.05.15






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です