「アラフォークライシス」の感想 アラフォー独身非正規おんなが見る




 

「アラフォー・クライシス」ノート

先日(2017年12月14日)NHKのクローズアップ現代で、「アラフォー・クライシス」が放送されました。

 

内容は、特に非正規のアラフォー達が、仕事、お金、結婚の危機に直面しているという内容です。飽くまで私視点になりますが番組の内容をノートにまとめてみました。

 

アラフォーの平均給料が減っている

①5年前よりアラフォーの毎月の平均給料が減っている(他の世代では増加しているのに)
35~39歳  -4,300円
40~44歳 -23,300円
原因は、
1企業の採用は新卒一括採用が主な為に、新卒採用で就職しないと取り返すのが難しくなる、
2不況で社内研修がない
3希望の職に就けず転職者が多く、結果勤続年数が短いために賃金上昇が低い
4上のバブル期世代の人数が多く昇進、昇格に壁がある

 

上の原因の2~3は、正規の正社員の人達の平均給与が下がっている原因です。

 

勿論、正社員という世界での中での給料の不満というのは当然にあるのでしょうが、私からすれば、正社員という別世界の人間の話なのでココではスルーします。

 

問題は非正規の人達です。番組でも非正規を主に取り上げています。

 

非正規の問題と私の感想

 

とある非正規男性の話

非正規男性
新卒後ずっと非正規で働き、現在手取り15万の一人暮らし。
・正社員希望で転職活動するも、30代以降は、マネジメントや部下育成経験が問われ、非正規の自分は面接まで行けない
・民間では正社員は厳しいために人手不足である学校教師になる為に勉強中
・所属や社会的地位を持っている人が輝いて見える、うらやましい

 

感想:転職エージェントに相手にされない。私自身、転職エージェントに事前面談の申し込みをしても、履歴書のデータ入力の時点で振り落とされてしまい現に4社から断られています。

 

正社員の経験は10年ありますが、その後の派遣やパートやニートの期間が長いためではないかと予想しています。実際は断られる理由が書かれてはいませんが。

 

派遣になってから、正社員の人達が輝いて見えます。理由は彼等には経済的な保障が有るからです。

 

35歳~44歳の労働者数 1500万人、そのうち非正規は383万人

 

アラフォーの社会的背景

2000年 / 2004年 / 2008年 / 2018年
就職氷河期/ワーキングプア/派遣切り/現在

 

感想:私の新卒当時、就職氷河期と言われていましたが、実際のところ私や私の周りの短卒の女性達は皆、名の知れた会社に正社員(一般事務)として入社しています。

 

しかし、その後、実は全員会社を辞めて、専業主婦や、私の様な非正規になっているんです。

 

なので、就職氷河期やワーキングプアや派遣切りは私にとっては、別世界の話しで自分には関係がないと思っていたんです。。

 

しかし、その後自らが正社員を辞めて、ニートや派遣やパートになり、厳しい生活を強いられました。

 

日本型雇用モデルの崩壊

キャリア形成→→結婚→出産→マイホームというモデルの崩壊

 

7040問題

70代の年金暮らしの親と40代の稼げない子供の生活
・5020:現在の20年前は、50代の正社員の親の元で20代の独身を謳歌出来ると言われていた
・40~50代未婚女性の約7割が、親に生計を支えられていると回答

 

とある非正規女性の事例

非正規女性
・変な宗教にはまって終わり、、誘われても余り会おうとか思わない等
・一人暮らしや結婚は考えられない
・1人残されたら困る

 

親との同居で危機が見過ごされてきた

・40代で見え始める危機
・親が亡くなった後、どう生活できるのか、底辺に落ちる可能性が高まる
・40~50歳女性の7割が親に生計を支えてもらう

 

感想:自分の生活の不安で頭が一杯で、他の事をしようとか思わなくなる、人に会ったり、遊んだり、婚活したり等。むしろ自分に全く生活力がなく婚活い必死だったら男性は引きますよね?

 

両親の介護の問題

一生涯の貧困

・家族内のメンバーの変化で生活が維持できなくなる

感想:家族メンバーに不測の事態があれば生活が破綻してしまうんです。不測の事態で想定できるのは、親が倒れる、痴呆になる、借金を抱える、貯金が底を突くなどですが、これ等の問題は、アラフォーの親の年齢を感会えるとそんな遠くない問題でもあるのです。

 

アラフォー女性の非正規が10年で16万から52万人に上昇

・事務職が派遣に置き変わった

 

感想:女性の非正規の場合は特に、将来、結婚するから別にそれ迄非正規でいいや~~と考えて非正規で働いた人は多いはずです。

 

軽薄に聞こえるかもしれないけれど、アラフォーの女性の世代は、多くは専業主婦願望を持っていたはずですし、社会もそれを受容していたはずです。別に非正規で働いてるけどいづれ結婚するんでしょうと思われていましたよねっ。

 

非正規女性が孤立感や不安感を持ち交友関係を絶っている現実がある

感想:正社員辞めてから感じたのですが、人って似たような状況の人と共感し集まる傾向にありますよね。正社員の時は正社員ばかり、派遣の時は派遣ばかり、パートの時はパートばかりじゃないですか?

 

だから自分の状況を自分を取り巻く世界では普通になってしまうんですよね。だから変に安心してしまうし、安心したいから似た様な人とつるむというのがあるんですよね。

 

だから孤立感というより疎外感といった方がいいかもしれませんね。

 

男性稼ぎ主モデル

・女性はいづれ結婚して男性に養って貰う
・家事手伝いでも問題にされない

 

東京しごと塾の実例

・アラフォー世代向けの就職支援
・日当を5千円×3ヶ月で500人中半数が正社員で就職

 

感想:私は非正規で一人暮らしをしていた時住宅給付金を半年くらい受給していました。一人暮らし&非正規で職を失うと生活が非常に厳しいんです。で当然負担がおおきい原因は家賃ですからね。家賃を補助して貰えばそれ以外の生活費位は出せるので安心して生活できますよね。

 

受援力は、情報を得る事だと思います。ネットだけでなく、人から得る情報も大事ですよね。

 

社会保障の充実

・給付金
・住宅手当
・受援力

 

感想:非正規の細切れの職歴、しかも私の場合統一性のない仕事の職歴なんですよ。コレだと選考に通過し難いんですよね。転職エージェントを通過できません。

 

社会の仕組みを変える

・履歴書での非正規への評価を変える→非正規で経験した事をもっと評価されるようにする

 

アラフォーの彼等の危機は社会の危機でもある~と専門家のコメントで締めくくられました~。

 

番組の感想

非正規の人達が正社員になる為には、自分で頑張れる事と、国の対策両面があると解決レベルがアップしますよね。

 

特に、非正規の人達の職歴が履歴書上で評価されない事が転職が厳しい理由ですよね。ココが社会的に考え方が変われば、現在非正規の人達も、正社員への道が広がるんです。

 

しかも非正規でも一つの会社や一つの業種なら評価されるとなる場合、大半の人が評価されない部類に属するのではないでしょうか?

 

派遣だと長期的に会社に勤める事が出来ないので、気が付けば細切れの職歴だし、その業種も多様なんですよねー。。履歴書に書くのが恥ずかしい位、統一性がありません。。

 

自分が個人的に出来る事は

 

この番組を見て自分が出来る事って何だろうって考えたところ、・情報力、受援力、転職先のターゲット、コミュニティの4点が大事だと思いました。

 

例えば情報ってネットを検索する事だけではありませんよね。人からもたらされる情報も大事です。又公的機関や家族や友人や知り合いに相談する事が大切だと感じました。

 

又転職に関しては、転職しやすい業種、ターゲットに知恵を絞る事だと感じました。

 

皆さんはこの番組どの様な感想を抱きましたか? まさにこの番組で言われてる事ぜーーーんぶ自分の事だよって思った人は凄く多いと覆います。

 

「アラフォークライシス」の放送後、半年後に、「アラフォークライシスⅡ」2018年6月14日)が放送されました。その際の内容&感想は下記をクリック。

派遣等の非正規で働く人達は、在宅のダブルワークがあれば安心~。

 

こっちも読んでおきたい

副業で安定した収入が欲しい⇒クラウドワークスやり方ガイド

シングルライフって時間が沢山ある⇒アマゾンプライム会員でおひとり様時間♪

ブログの運営者ふろむさんにお会いしたい(笑)⇒独身非正規おんな ふろむです







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です