仕事がAIに奪われて社内失業者に!




 

人工知能が人間を超える

人工知能が人間を超えるのは2045年と予測されているそうですが・・

 

以前、未来学者なる人物が、数十年前に人類は海洋に住むようになると予言していました。でもそれから数十年、レジャーとしての海洋ホテルさえも聞いた事がありません~。 仮に技術発展しても、普及と言う点ではどうなるのかは現実的ではないなんて事もあります。

 

ですから~、人工知能がどれだけ、労働市場に参入してくるのか、人工知能が人間を超える⇒普及にはならないとも考えられます。知らないけど~ね。

 

 

学校は企業労働者の下請け機関

私達が子供時代通っていた学校制度は、近代社会において、企業へのルーチンワーク型のロボット型の労働力を量産する為に作られたんです。使われる側の人間の誕生です! 

 

学校で身につける知識は、現代社会で、ロボット型の労働者として企業に雇われる時、使う知識なんです。

 

あのテスト勉強は、上から明確な答えが与えられて、それを正確にこなす練習でもあるんです。教科書=マニュアルみたいなもんですね。

 

 

データ入力がコンピュータ化され役割を奪われる・・・

規格外の私にとってはもう拷問の様な学校を卒業後、大企業で10年間ばかみたいなヒマな時間を過ごしていました。毎日1時間もやる仕事がない!! でもそんな私も実は2年程はまともに仕事をしていたことがあったんですよ!! すごいでしょ? だからヒマだったのは実質8年位でしょうか?

 

それは、いわゆるよくありがちなデータ入力の仕事でした。前任者に聞くと彼女もまたこのデータ入力で毎日大体やる事がフルにあるというのです。私は、入社5年後、漸く一般的な仕事というモノを手に入れたのでした~。

 

しかーし、そんな平和な生活にも当然時代の波は押し寄せます。私のやっていた毎日のデータ入力が、新しいシステムの導入を機にコンピュータ化される事になったのでした~。

 

私は嫌~な予感がしました~、当たり前だよ!! 私はようやく仕事のある日々を送っていたのに、それがコンピュータ化され、又毎日が暇な日々い舞い戻る事になったのでした~。

 

やはり、自分が会社でやってきた仕事がコンピュータに取られるというのは
・自分の部署内での役割分担を奪われる
・自分は一体何のためにやってきたのだろう

 

っていう事を感じましたね。自分がやっていた仕事が、所詮は機械化が可能な労働に過ぎないという現実を見せられました。実際の所、私達の企業での労働とは、東大をトップに全て機械化が可能な仕事に過ぎません。

 

 

スーパーのレジの機械化

スーパーのレジなんて最も、機械化が進んでもいい様な職業ですけどね。私も2ヶ月ほどやってましたが~。技術的には出来そうですよね。でも現状では、機械化する段階に来ていないからとかなんでしょうか。兎に角、レジの機械化はスーパー全体の規模の問題ですからねー。

 

私としては、機械化するより、自分でレジを通すやり方がいいけどね~。

 

 

ロボットと人間の労働者なら、人件費の方が安い

大企業であれば、その労働力がシステム化出来るのなら、費用がかかってもシステム化したりしますが、中小企業なら、新しいシステムには随分と金がかかるので、生の人間の労働者を採用する方が安価であるという現実があると思う。

 

その生の人間の労働者のコストの順が、正社員>派遣社員>パート(アルバイト)な訳でして~。。

 

私が、会社でやっていたデータ入力にしろ、スーパーのレジにしろ、私が企業でやっていた労働は、恐らく技術的には本当は全てコンピュータ化可能な労働であり、でもその為には相当の設備投資が必要であり、それは現実的では有り得ないので、その為に人を雇った方が安いっていうのは今後も続きそうじゃーないですかね? 私は専門化じゃないのでよく分かりませんが~。。

 

もし、零細企業なら、その仕事が機械化されたら、労働者の首を切るのでしょうか? 大企業の労働者の中には、ヒマな人間が大量に生息するのは、実際は、私の様に、労働コスト削減の為に、労働の機械化、コンピュータ化により、単純労働の仕事を失い、結果的に日々PCを眺めるだけになった社内ニートも結構居るのでしょうね(笑)。

 

 

 

 

40代(現在41歳) 独身非正規おんな ふろむです。

2017.05.15






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です