派遣業界と派遣で仕事する流れ




旧態依然とした業界

私は学校卒業後、ずっと旧財閥系の旧態依然とした会社で働いていました。ですから会社というモノは何処もそういうモノなんだーという思い込みがあったのです。

 

やはり私が働き始めた時は、まだ完全な男性社会でしたので、女性が男性と同じ土俵で働くという事が世間的に余り受け入れられていなかったのです。

 

女性が口出すなッ的な雰囲気はかな~りあったんですね。

 

私の高校時代の友人達は男性と同等に働くつもりのキャリアウーマン思考でしたが、例えば1流大学を出て企業に男性と同じ総合職として入社するというルートと取った人は居ません。だって対等に扱われない事は分かってましたから~。親がそういった道を勧めないんです。それはそれで苦労するだろうと。ですから、資格をとって、男性と同等に働こうと言う人ばかりでした。

 

 

転職して初めて知った他の業界の雰囲気

派遣業界は、私が会社を辞めて始めて接した、他の業界でした~。

 

そして思ったのは、派遣会社の働く社員さん達がとても輝いて見えたことだったんです。当時派遣業界自体がベンチャー企業で急成長していて活気がありましたし、一般の会社、特に古くからある大企業での女性の役割はかな~り狭いものでしたから。

 

しかし、派遣業界自体は、元々、企業の女性事務職を始めにスタートしてますので、扱う対象(商品ともいう)が女性ばかりな為に、派遣会社の社員さん達自体が女性優位だったんです~。

 

ちなみにテンプスタッフは女性が社長ですよね。だから派遣会社の女性って、総合職の女性でカッコいいってイメージがすごくありました。

 

 

私が登録した派遣会社さん達

 

会社名
・パソナ、テンプスタッフ、アデコ、リックルートスタッフの大手に登録
一社しか登録しない方もいらっしゃるみたいですが、私は複数登録していました。ちなみに私が一番お世話になったのはパソナさんでした。

 

テスト内容
・職歴
・データ入力速度を計る
・面接

がありました。その後IDなどを貰って、PC上で仕事を検索したり、派遣会社から紹介されたりします。

 

 

仕事の紹介から就業まで

顔合わせ

面接と言ってしまったりしますが、正確には顔合わせですね。派遣は基本的に業務が出来る人を派遣するので、一つの派遣会社から数名出したりはしません。会社によっては他の派遣会社と競合させて人材を見比べることもありますが。早ければ顔合わせの結果はその日のうちに結果が出ます。

 

就業
顔合わせが済んで双方OKが出たら仕事へ。この間紹介から一週間位で済んでしまいますね。勿論ケースによりますが。

この様に、派遣の仕事の紹介から、顔合わせ、就業までが、短期間で済んでしまうのが派遣の特徴です。

 

ベンチャー企業は社員さん達がとても若いです。中高年がわずかしかいない。その頃まだ会社がなかったからですが~。 そんなこんなで、私は、旧態依然とした会社を辞めて、他の会社で働き始めてから、あ~、女性も男性の影に隠れる?必要ないんだな~と思ったんです。

てか世間が女性が働かない事、許してくれませんしね。

 

 

 

 

40代(現在41歳) 独身非正規おんな ふろむです。

2017.05.15






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です