女性にとって異性関係とは父親との関係の再現




ファザコン疑惑

「ファザコン(ファザーコンプレックス)」というとどういうイメージを持ちますか? 日本語にそのまま訳せば、父親コンプレックスの事、意味分かりませんが、端的に言うと、父親からの愛情不足が原因だそうで。

私は自分がファザコンであるとはまーーったく感じていませんでした。自分は両親から自立していていると確信していたからです。

20代オス獲得競争に挫折する

私は、20代、恋愛至上主義の社会的な圧力による強迫観念に追い立てられ、ずーーっと異性関係を追い求めてきました。が結果的には惨敗!! 完全不毛に終わってしまったのでした~。

30歳を過ぎた時、20代の今までの異性関係を思い返した時、異性関係の終わるパターンがどうも毎回同じパターンである事に気が付いた事でした。

結婚はしたい、でもこのまま新しい男性を探しても、キット又同じパターンを繰り返すだろうと確信したとき、私は恋愛市場から撤退したのでした。

異性関係でおかしいと思うところ
①付き合い始めの頃は何の問題もないが、ある程度最初の新鮮さがなくなり関係が安定してくると、自分の要求が高くなる
②相手が自分の要求に応えてくれないと腹が立つ
③相手を自分を愛さない悪い人だと思う
④満たされない→怒り→相手をダメな人間だと思う(笑)
コレを何度も繰り返す~~

自分の中ではこの行動が、当たり前の行動であってなーーーんにも自分には問題はなく相手のが悪いんだよ!!って思っていたのでした。

父と娘の関係

その後、他の事でカウンセリングを受けたキッカケにして、カウンセラーさんの、「大抵の問題は子供時代の親子関係」という言葉から、自分と自分の父親との関係にギモンを感じ始めたのです。

結局、自分の異性関係の不安定さはやはり自分と父親との関係の不安定さによりものだったのです! 気持ちが悪いですが~。しかし全ての人間は、生まれた時から、最も身近な両親との心の関係を育む事によって成長していくものなのです。

求愛行動

カウンセラーさんの説明や自分で本を読んだ事による理解によると

子供は親に対して、「無償の愛」を求め 親に愛され事で「自己肯定感」や、「人や世の中を信じる心」を持つのですが、コレを満たされないと、満たされない度に応じて、「自尊心の低さ」「人間不信」「対人恐怖」「承認欲求」を持ち続けるというモノでした。

なかなかこの仕組みは、最初は理解できないものですし、基本的には、自分を愛さなかった(愛する余裕が無かった)親を否定して生きていますので、理解するのになかなか難しい理屈ではあるのですが、構造自体はとーーーってもシンプルな心理なんです。

結局、私は、父親に与えられなかった愛を、感情転移し、職場の年上の男性や、異性関係や、年配の方に、やたらめったらにぶつけ、自ら傷ついていたのですよね。

父親との関係が女性の未婚の原因

女性の未婚の原因には、実はこの、自分の父親との関係が問題の根底にある人はかなりいるとも居ますよね。

自分が人を愛したいんじゃなくて、親に愛されなかった願望を異性に向けている訳ですよ。で相手もそんな完璧じゃないですし、特に20代で女性のその感情を全面的に受け止められる男性は皆無でしょうね~。

その上にこっちも男性に対して粗を見つけて愛してくれなかったという結果に持っていこうとする事で安心したいというのがあって、大抵関係は破綻に終わっていたのです。

実は異性関係を壊していたのは、相手の不甲斐なさではなくて、自分自身の問題だったって訳ですね。

実は異性関係が上手く行かないのは自分の父親との関係が原因になってる人沢山いると思いますよね。自分が何か悪いことした訳じゃないのに、どんな因果があってこんな思いしなくちゃいけないんだよ!!っていう怒りもありますが、もう世の中理不尽だらけでしょ? 

兎に角自分の幸せの為に自分が努力するしかありませんよ!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です